知人に教えたくなる情報をテーマごとに分類。まとめ、解説ページ。

矯正と抜歯に関する基礎知識

まとめ

 患者さんからも、よくなんとか歯を抜かずに矯正治療ができないかとの質問を受けます。その質問にたいする答えは、抜かずに治して患者さんの噛み合わせが良好で、口元のバランスもよく矯正後の歯並びが永年にわたって安定できる(一番たいせつなことです)と診断できた場合には歯を抜くことはございません。しかし、治療結果を悪くしてまで歯を抜かない方針にはおすすめできません。それは根本的に歯並びをきれいにしたいという患者さんのニーズから離れているからです。抜歯が必要な症例にもかかわらず、無理に歯を抜かずに治療をして
・口元がとびだし、唇が閉じにくくなってしまった。
・顎を横に拡大して歯を並べたものの、装置をはずして間もなく歯並びが崩れて治療の意味がなくなってしまった

ような場合がたた想定されます。
その患者さんたちは、そもそも何のために矯正治療をうけにきたのでしょうか。
最近では、とにかく歯を抜かないで矯正治療をする事をアピールする歯科医も多くいます。しかし、上記に記載させていただいた通り、大切なことは、歯を抜くか、抜かないかという1点だけではありません。患者さんにとって総合的にどんな治療法がベストかを矯正専門医としての経験、高度な技術、結果を予測する力により決定、診断、説明することがひつようです。不正咬合の中には、どうしても歯を抜かないと治らない症例があることを理解していただきたいと思っています。

独自の調査に基づく豆知識を一覧形式で紹介している珍しいサイトです。