知人に教えたくなる情報をテーマごとに分類。抜歯による治療の違い①、解説ページ。

矯正と抜歯に関する基礎知識

抜歯による治療の違い①

矯正はしたいけどできる限り抜歯したくないですよね。抜歯しない矯正に関して以下に述べます。以下に示す①~③の方法は、もちろん全てを必ずおこなうわけではありません。特に③が必要な場合には必ず患者様の了承のもとおこなっていきます。
①奥歯の移動
ご存知の事かと思われますが、人間の歯は通常28本あります(親知らず4本を除いて)。このうち矯正治療にあたり、上下左右の一番奥の歯(歯科では7番と呼びます)を、もっと奥に移動できないかと考えます。もちろん、奥に移動できる限界もあるためその量には個人差がでてきます。
②歯列自体の側方への拡大
矯正装置を入れるために、歯列自体の側方への拡大も考えます。しかし、これには注意が必要で、過度の拡大は治療の後戻り等の原因となるため、拡大出来る量には限界があります。これも個人差によって変わってきます。
③削って隙間をつくる
歯というものは表面をつるつるのエナメル質でコーティングされています。この部分の1/4~1/3程であれば削っても、その後きれいに研磨することにより、虫歯やしみたり等の事を防ぐことが出来ます。削りすぎると、黄ばみの原因になったり、知覚過敏になったりしますので注意は必要ですね。そこで、治療のために歯と歯の間の部分を各々の歯に対し少しずつ削って隙間を作っていきます

流行りに流されないコツを皆さんの為を思って説明するように心がけました。