知人に教えたくなる情報をテーマごとに分類。抜歯の必要性、解説ページ。

矯正と抜歯に関する基礎知識

抜歯の必要性

矯正と抜歯の関係について少し詳しく述べます。一般的に矯正というと歯を抜くといったイメージがあるようですね。歯を抜かれて器具をはめ込むであったり、小児矯正などの時に抜歯することもあります。しかし、近年は歯を抜かない矯正も一般的になってきました。なぜ同じ患者様の同じ症状なのに、ある歯科医院では歯を抜くと言われ、他方の歯科医院では抜かないと言われるようなことが起こってしまうのでしょうか。みなさんの周りにもこういった悩みを持っている方がいらっしゃると思います。実は、これには理由があるのです。矯正医は、患者様の歯を治療する場合、決して最初から歯を抜こうと考えることはありません。それは抜歯は患者さんを痛めることになりかねるからです。そのため、歯科医は何とか歯を抜かずに治療が出来ないものかと考えます。そこで、患者さまのデコボコな歯をきれいに並べたり、出ている歯を押し戻したりするために、どこかに隙間を作ることを考えなくてはならなくなります。そこで、歯を抜かなくてすむように次のいくつかの方法を考えます。その中で患者さまの症状にマッチし、患者さまの合意が取れた治療法で治療をしていくのです。

難しくてなかなか理解できない物を色々工夫しながらインデックス化、ぜひ見てみてね。

難しくてなかなか理解できない物をかなり苦労しながら紹介、著作権はフリーじゃないですよ。